鍾乳洞貯蔵熟成豆腐よう

  • 3,240円(税込)
数量

日本、中国との間に位置し、古くから交易国家として、栄えた琉球王国。
その交易が生んだ代表的な発酵食品が、「豆腐餻」です。
沖縄豆腐を泡盛、米麹、紅麹などの中に漬け込んで自然発酵させた健康食材で、琉球王朝時代から「東洋のチーズ」とも呼ばれ重宝されてきました。
インターリンク沖縄の「鍾乳洞貯蔵熟成豆腐餻」は金武町の泡盛を使い、鍾乳洞の雫を子守歌にして約1年2ヵ月も熟成させてから出荷するもので、従来の「豆腐餻」とは全く別の風味があります。
舌に乗せると、まるでチーズのようなこくと旨味がふわっと広がる逸品です。

» 「鍾乳洞貯蔵熟成豆腐餻」について詳しく
» 「金武鍾乳洞」について詳しく

内容量 1個(約13g)× 10
成分表示 木綿豆腐 / 泡盛 / 米麹 / 紅麹 / 塩